読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなように生きる

人生出来るだけ楽しい方がいい

Hello.

Enjoy Life

iPhone6Sのバッテリー無償交換プログラムを受けに行ったお話

栄は人が多すぎる

f:id:una_key:20161211193037j:plain

昨日の夜は出張疲れやらなんやらで完全に屍になっていた僕ですが、今日の朝はすんなり起きた上にめっちゃ元気だしもう意味わかんない。

普段休日だとお昼まで寝てるのにしっかり9時頃起きてしまった。

 

 

さて、 Appleが実施している、iPhone6Sのバッテリー無償交換プログラム。

 

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート

 

 今週の月曜日くらいに知って、特に自分のiPhoneではこの時点で症状は出ていなかったんですけど、暇だったのでシリアルを入力してみたら「あなたは無償交換プログラムの対象です」って言われてしまったのでこのプログラムを受けに行ってきた。

ていうかこれ症状出て無くても多分対象って言われる。

 

で、今までは急に電源が落ちるなんて事なかったんですが、なんと昨日の夜発症した。

なんつータイミング。

バッテリーが30%程残っている状態でなんの前触れも無く突然落ちる。

リブートをかけても起動直後にすぐに落ちる。

昨日まで出張だったので、出張中に症状が起きなくてよかった。マップと乗換案内使えなかったら多分東京でのたれ死んでた。

ていうかあまりにもタイミングがジャストすぎて、Apple Storeで

 

店員「いつ頃発症しましたか?」

 

ぼく「昨日の夜です」

 

とかいう会話になるんちゃう???これもう嘘ついてるでしょって思われるよねこれ。

日本人って疑い深いしね、外国人が疑い深く無いのかは知りません。

 

 

しかし僕のiPhoneがこうなったタイミング、近所のラーメン屋にいる時だったんですよ。僕ラーメン食べに行ったら必ずラーメンの写真を撮るんだけど、この症状のせいで撮れなかった。

この瞬間怒りが沸いた。目の前にラーメンがあるのに写真が撮れない。なんてこった。

Twitterで美味しそうなラーメンの写真がアップ出来ない。なんてこった。

元々今日このプログラムを受けに行くつもりではあったんだけど、この瞬間ぜってぇ行ってやるからな待ってろよAppleって気持ちになった。ラーメンは人の心を強く動かすことが出来るのだ。

 

大人気コンテンツ群

正午頃自宅を出て栄へ。

お昼ごはんは栄Apple Storeの近くにある吉野家で済ませようと思ってたんだけど、店の外まで溢れかえるほどの大行列になっていた。

え、みんなそこまでして吉野家食べたいん・・・・?とは思ったけどあそこら辺その他の飲食店って矢場とんくらいしか無いし仕方がないのかもしれない。僕は見た瞬間諦めて素通りしたが。

 

そしてそのまま栄のApple Storeへ。

f:id:una_key:20161211194617j:plain

 

ちゃっかり始めてきたんですけど、ものんすごい、それはもうものんすごい量の人で溢れかえっていた。

 

いじめかよ。

 

そう心で思った。どこに行っても人が多すぎる。人混み嫌いなのでしんどいんです、僕が外出する時はみんな自宅でのんびりしててくれ。

とても忙しそうにしているスタッフに用件を伝えたところ、2階での受付になるから列に並んでいてくれとのこと。

階段ぐるりと一周囲う程並んでるけど。

でもどうしようもないので並ぶ。最初はスタッフ一人で順番に用件を伺っていたが、途中から手の空いたスタッフがドンドンヘルプに来て5人位で対応してくれていた。

それでも30分ほど並んで自分の番。

無償交換プログラムを受けに来たことを伝えると、別のスタッフが案内をするので椅子に座って待っていてくれとのこと。

 

スタッフ「申し訳ありませんが、このまま案内するスタッフが来るのをお待ち下さい、20分ほどかかると思われます;;

 

ぼく「ウ。ハイ。」

 

殺す気かよって思ったけど30秒後くらいにきて面食らった。逆になんかごめんって感じ。

 

ここで初めて言われたけど、やはり無償交換プログラムはサイトで対象となっていても実際に症状が発生した端末で無いと受けれないそうだ。

とういうことは僕はラーメンの写真を撮れなかった代わりにこのプログラムを受けられる権利を得たみたいなところある。サンキューラーメン。

昨日の夜にバッテリーが30%程残った所で突然落ちたって言っただけで「ハイオッケー」になったので別に症状が発生してない人でもそう言っておけばやってくれるんじゃないですかね。

そして無償修理に入る前にいろいろと条件を設定された。以下に箇条書きにしてまとめる。

 

  • 突然シャットダウンしてしまう条件が発生していること
  • 事前にiTunesでバックアップを取っていること
  • 画面保護フィルムを剥がす場合があることを承諾すること
  • 水没等により、内部にバッテリー以外での破損が無いこと
  • 修理後、データが破損してしまう場合があることを承諾すること

 

これくらいだったかな?

まず症状が発生しているのが条件なのは言うまでもないだろう。iTunesでのバックアップもサイトで注意喚起されているし、iPhoneを修理に出す際は必須項目。自分も出かける前にやっておいた。これがあるのでデータが破損してもまあ特に大きな問題も起きないだろうしOK。

問題はフィルムの話。

これ結構えげつないと思いましたね。どうやら修理の際にディスプレイ部に真空パッドを用いて本体を開けるらしいのだが、その際にフィルムが干渉して開けられない場合、剥がすことがあるというのだ。

 

イメージ的には多分こんなやつ

f:id:una_key:20161211200247j:plain

普通に素で「まじかよ」つった。

 

僕のガラスフィルム6000円したんですけど??????

ちなみに修理の際にApple側が剥がした場合、そのまま破棄されるそうだ。

これが嫌なら事前に自分で剥がすよう言われたが、今剥がしてその剥がしたフィルムはどうすんねん。

しかもガラスフィルムって剥がす時普通に割れますからね。ベキベキって。

ただせっかく来たしどうせ剥ぎようも無いししぶしぶ承諾。

こういった話をする前に、今日はめちゃ混んでるから修理時間2時間半かかりますって言われてたんですが、受付している間に修理が増えてしまって3時間かかりますって言われてしまった。

早くしろとも嫌とも言えないので「仕方ないっすよねw」で済ませておいたが、3時間スマートフォイ無しでどうやって生きていけばいい?しかも外クッソ寒いし。

 

全力で暇つぶし

とりあえずさっきの行列吉野家に並んでお昼ごはん。

まだ並んでたけど、どうせ時間有り余ってるから関係ないわって思って並んだ。

おばちゃん3人が座っている4人席に放り込まれて「まじか」って声出た。

牛カルビ丼美味しいけど高いわアレ、コスパ悪すぎる。

 

その後はパルコ下の喫煙所で一服しながらどうするか考えたが、すぐ横にダーツショップ「DARTS HIVE」があることに気づいてそこで時間を潰した。

元々ソフトダーツやってたんですけど、もう1年以上投げてなかったので久しぶりに。

ただ急だったからダーツ持ってなかったんですよね。なので買ってしまった。

しかもちゃんとタングステンの。タングステンバレルにしてはまあ安いものを買ったけど大きい買い物してしまったなあ・・・。元々ダーツ復帰したらタングステンのサブが欲しかったので丁度いいと言えば丁度いいけど別に今いらんよね。なにしてんだ僕は。

f:id:una_key:20161211201642j:plain

どう?カッコイイでしょ。これ5500円。

クソ高い暇つぶしだ。1000円分ほど投げてみたけど楽しかったなあ。めちゃくちゃ久しぶりだったからモーションからなにから忘れていたけど段々取り戻してきてハットトリック2回出たりもした。でも一人は退屈だったし投げ方ググることも出来なかったから苦痛だった。

 

ここでなんと2時間も時間を潰せた。普通に腕痛くなったしね。キツイです。

その後は特に意味もなく歩き回っていたが、近場にロフトを発見したので立ち寄ってみた。iPhone無いからロフトの写真も撮れないんですよ。クソ。

ロフトって2階くらいまでしかないと思ってたら書店含めて7階まであるんですね。

実質パルコじゃん(?)広すぎでしょ。

初めて入ったけど、他の雑貨屋では見られないようなものがたくさん売ってて歩いてるだけで楽しかったですね。でも人多すぎる。

4Fの手帳コーナーで無限に暇潰せました。なにも買わなかったけど。

 

ここに来て「ていうか普通にそこら辺で小説でも買ってコメダで読んでればよくなかった?」って事に気づいてしまってとても後悔をした。なんでダーツ買ってんだよバカだろ。

 

再びApple Store

f:id:una_key:20161211202424j:plain

な暇つぶし時間をなんとか凌いで再びApple Store。歩き疲れた。

受け取り時間は16時40分だったんですが、まあちょっと早く行って終わってたら早めに受け取れてラッキーだし、って思ってちょい早めに。

スタッフに受け取りに来た旨を伝えると

 

スタッフ「あ、お客様受け取り時間が16時40分になってますね。今は16時36分なのであと4分待ってからまたスタッフ誰でも良いので捕まえてください!ごめんなさい!;」

 

って言われてしまった。スタッフは全員iPhoneとiPadを使って接客してるんだけど、多分こういう受け取り時間や予約なども全部システムできっちり管理してるんだろう、数分早いだけでも断られてしまった。

それから4分ブラ~っとして受け取り。3時間ぶりにiPhoneと再会を果たして感動した。

フィルムもそのままだったしよかったよかった。

その後はちょっとゲーセン寄って遊んでから帰宅。

 

 

同じくiPhone6Sのバッテリー無償交換プログラムを受けようと思っている人は以上を参考までに。バックアップ等はきちんとやっておいて、フィルムは剥がせるなら剥いだほうが無難と言えば無難。ただ余程じゃないと干渉することないとは思うので、敏感になる必要も無いとは思います。

 

 

出張でボコスコにやられた体をまたしても酷使してしまった1日だった。

正直今すぐ上司に電話して「明日休みたいんですけど」って言いたい気分だが休んだ所でなにするわけでもないので働きますよ、ええ。

 

 

おわり。